美人顔の黄金比🄬 すっぴん美肌道場🄬 すっぴん美人 すっぴん美肌 顔ヨガ 高津文美子式フェイシャルヨガ 体幹運動 カラダの歪みを正す ピラティス オーガニック 日本の伝統食 ローフード 自然食 無化学調味料 無添加 エシカル 継続可能 アーシング 電磁波過敏 電磁波過敏症 電磁波対策 神社奉納 奉納舞 祈り 日本の伝統芸能 日本舞踊 インテグレートマクロビオティック 機能美食 自然農法 機能美 子育て ナチュラルビューティー ナチュラルコスメ オーガニック オーガニックコスメ オーガニックライフ agito夙川 西宮 トータルビューティーサロン

Miraiの機能美な358日

皆さんの中にある身体やお肌の機能を最大限引きだせば、その方の最高のキレイが輝きます!

お江戸の花魁の憧れ👀✨【お守り口紅💄】〜日本の発酵技術👀✨で女性の美と健康を守る💪✨part②

こころとカラダまるごと

地球・宇宙と共に豊かに👀✨

 

じぶんらしく美しくなる

【美人顔の黄金比®】をご提案しています

Miraiです。

 

--------------------------------------------

美人顔の黄金比®️になるセミナー

【すっぴん美肌道場®️】

詳細・スケジュール・お問合せ・お申し込みはコチラ

http://mi-raie.co.jp/index.html

 

キレイのプチヒント☆instagram  miraie918

セミナーの詳細や様子など Facebook すっぴん美肌道場

--------------------------------------------

9月のはじめに取材でお伺いした

紅花染め〜織の米沢ブランド新田 が

日本のみならず世界からも認められ

今年で創業135年👀の新田さん。

 

f:id:mi-raie918:20190915104426j:image

(紅皿を2度付け↑。ピンクっぽくなります。すっぴんの肌馴染みが最高⤴︎💕

新田さんの築100年越えた社屋。日本庭園には鯉が優雅に泳いでます🌟)

 

part①の記事はこちら🌟

http://kinou-bi358.hatenablog.com/entry/2019/09/14/221126

 


紅花の魅力は

環境も感覚も考え方や感性もまるで違う世界各国で

 


綺麗👀✨

貴重✨

高貴なもの✨

素晴らしいもの✨

守ってくれる✨

同じ感覚を共有している事が

各国での利用の仕方から伺えます👀✨

 

 

 

だって、ほかにないんですもん。

こんな鮮やかな紅色は👀✨

 


しかも植物性でのこの紅というのは

世界広しと言えど、紅花くらいしかない。

(茜もあるけどこんなに鮮やかではない👀)

 

 

 

世界各国から伝わった植物はたくさんあれど

単に種だけ、ではなくて

染料として、お薬として

お守りとしての使い方も一緒に伝わっているものも

なかなかないのではないだろうか👀

 

 


ただただその色彩に魅了✨されて

その色の持つパワー💪を

皆んながおんなじように感じていたんだ👀

 


そう思うと

世界皆んなが繋がっている感じがして

すごく嬉しい😊

 


そして人間の第六感的な感覚は

万国共通のものがあるのかもしれない。

 

 

 

エジプトでは紅で染めた布でミイラを包み

埋葬する際には紅の顔料を一緒に入れる。

 

 

中国のある遊牧民族

紅の色素を女性の頬に塗っているのが特徴的。

乾燥から肌を守る為と、

やはり女性を守るためのよう。

 


日本ではお馴染み、

産まれて初めての産着を紅で染めたものにしたり

お宮参りに

健やかに育つよう

災難に合わないよう


願いを込めて

赤ちゃんの額に紅で大小の文字を書いた。


七五三、成人式のおべべも、還暦のお祝いも

水引も。

もしかしたら神社の⛩鳥居の紅も

魔除けなのかもしれない。

 

 

 

そして、

口紅は本来、口から魔物👻が入らないようにと

魔除けの意味で

今のように筆で唇全体に塗るのではなく、

口の上下だけに紅を"さして"いたのだそう。

 

 

 

そういえば、紫式部さんや小野小町さんとか

そんなお化粧をしていた記憶があります💡

 

 

 

山形で作られた紅の色素の元になる

紅餅を

最上川を渡り京の都や江戸で

素晴らしい紅花染めにして

山形の豪商が持ち帰り

高貴な方がお祝い事の為に着る着物や

豪華なお雛様の着物として

大切に扱われてきました。

 

 

 

 そして紅花に関わらず

薬効がある植物は経口で摂るだけでなく

たびたび染め物に使われていますよね🌟

 


藍や紫根、サフラン、ウコン、柿渋、ログウッドなどもそうですよね。

 


薬効がある植物で布を染めて

その布を纏う事で

大切なひとの大切な部分を守ったり

魔除け、厄除けに。

 


実際に下半身を冷やさないようにと

昔の方たちのパンツ代わりの

"おこし"も

血行促進効果のある紅で染めたものを使っていたそう。

 

 


私がセミナーで皆さんにおススメしている

日本の伝統食もそうなのですが

やっぱり昔からの知恵は凄いです👀✨


理にかなっています✨

 

 


こんな素晴らしい紅花染めも

安く簡単に染まる化学染料の普及によって

ある時期に廃れだし、


戦争によって一時紅花の栽培が前面禁止になり

山形から紅花が消えた時があったのですが

 

山形の紅花農家さんが必死で守った僅かな種を

少しずつ増やし

何とか栽培を復活させました。

 


その際に今までは紅餅だけを作り

染め自体は京や江戸でしていたものを、


3代目の新田秀次さん、富子さんご夫妻が

本業の機織業が終わった後

夜中に試行錯誤を繰り返し

昭和38年に山形で紅花染めを完成、

紅花染め〜機織という

今のスタイルを確立されました。

 

 

この3代目のご夫妻というのが

克比古さんのご両親で

夜な夜な試行錯誤していた様子を

克比古さんはコタツに入って眺めながら寝ていた、

というエピソードから

現在紅花染め、紅皿をただしく守っていく

という

克比古さんのひたむきな姿勢の原点になっているのかなーと

伺えました。

 

 

そして

紅皿の魅力とは‥

part③に続きます🌟

 


--------------------------------------------

美人顔の黄金比®️になるセミナー

【すっぴん美肌道場®️】

詳細・スケジュール・お問合せ・お申し込みはコチラ

http://mi-raie.co.jp/index.html

 

キレイのプチヒント☆instagram  miraie918

セミナーの詳細や様子など Facebook すっぴん美肌道場

--------------------------------------------